忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


デスクワークに向いた椅子「パソコン病防止のために」

 椅子選びと姿勢の大切さについて「パソコン病防止」
 
特にパソコンを使ったデスクワークでは椅子選びと姿勢は重要です。
背筋を伸ばした姿勢と力を抜いた姿勢を交互に繰り返すことで疲れにくくなります。
姿勢を良くすることでパソコン病の防止にもつながります。

背筋を伸ばした姿勢をどうやって作るかですが、「骨盤を立てて座る」ことで背筋を伸ばした姿勢を
作ることができます。

背筋を伸ばしても骨盤が丸くなっていると腰痛は良くなりません。
骨盤を立てて座ることが腰痛改善のポイントです。

骨盤を立てて座るには椅子の座面角度が重要になってきます。
ダイニングチェアやソファなどは、リラックスして座ることを前提に作られているため、座面の角度が後傾していたり、お尻の部分が窪んでおり、椅子に受け止めてもらう形での座り方になります。
 
リラックスしてもたれかかってテレビを見るならそれでも良いのですが、前傾して仕事を行うには向いていません。
仕事に後傾型の椅子を利用すると肩こりや腰痛等などの症状悪化につながります。
351fea69.png
 
【パソコンを使うオフィス用椅子のポイント】
・座面が前傾か平面
・お尻の部分が窪んでいない
・座面は柔らかいより固めの方が良い。クッション型は結果的に後傾姿勢になりやすい。
・肘掛は机とのバランスで決める(机か肘掛どちらかには肘を乗せたい)
 
特に腰痛がひどい場合には、座った姿勢で腰が伸びた状態は苦しく負荷がかかる。
立った姿勢の方が楽なはずで、後傾姿勢で足をお腹に近づける姿勢より足を伸ばした姿勢の方が楽なはず。

ただし、椅子はあくまでも腰痛・肩こりを悪化させない・生じさせにくくする機能を持つもので、
治療するものであることを忘れずに仕事や家事を行うことが必要で、休憩をしながらや適度な運動を
することを忘れてはいかません。

【おススメの椅子】

アーロンチェア:人間工学に基づいた椅子で、システムエンジニアやデザイナーなど長時間のデスクワーク作業を行う人たちに高い人気を持つ値段は高めだが、メンテナンス等にも優れており、高く評価されている椅子。  

アユールチェア:腰痛予備軍またすでに腰痛持ちの方・姿勢が悪いと指摘される方にお勧めの椅子
日本人の身体特性に合わせて考案された姿勢矯正椅子「アーユル チェアー」



椅子の通販会社「ぼん家具」
コストパフォーマンスに優れた椅子をお求めの方に。