忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


治療から予防 パソコンとインターネットの登場で変化した仕事と病気

イギリスで18世紀から19世紀にかけて産業革命が起き、社会が大きく変化した時、それまで無かった新しいことや問題がたくさん起きています。
 
現代においても、パソコンそしてインターネットの登場は、第二の産業革命と言える程、仕事内容が大きく変わりました。
さらには、エアコンの発展により夏も冬もオフィスでバリバリ仕事をするのが当たり前になっています。
シエスタ(昼寝)もありません!
 
これだけ生活(仕事)の内容が変化したのに対して私達の身体はすぐに適応できるのでしょうか。
生命力の強い○○さんは大丈夫と。身近に病気知らずの方がいるかもしれません。
でも大多数の方は何らかの問題を抱えて当たり前です
 
あなただけがつらいのではなく、皆、何らかの不調(病気の一歩手前)の状態で仕事をしているのです。
 
あまりにもスピードアップした社会に対して本能的にブレーキをかける手段としてスローライフやスローフードなども出てきているのでしょう。
でも、自分一人だけゆっくりしていたのでは競争社会についていけません。
競争社会の是非は置いといて、多くの人は競争に挑んでいく生き方を選んでいます。

その辺は下記の記事などを読んでもらうとして。
小田嶋隆氏のとても面白い話=全部読むには日経ビジネスへの登録が必要ですが、読む価値ありです。
 
競争社会・インターネットにより日本だけでなく世界中と競争しなければいけない現在の人々。
新たな病気やつらい症状が出てきて当たり前です。
以前は成人病と呼ばれていた病気が生活習慣病と呼ばれるようになり生命保険でもガン・心臓病・脳卒中は特別に生活習慣病特約として特約化されています。
 
これらは生活習慣の改善により予防できる病気ですが、ここ最近、増え続けているという点でも、
現代生活がこれらの病気にかかりやすい状態にあると言えます。
座りっぱなしの生活による肩こり・腰痛・頭痛、パソコン病や腱鞘炎、ドライアイなどの眼の疲れなど今まで以上に多くの身体の不調が人々を襲いつつあります。
しかも完全な病気ではない状態が続くこともつらさを倍加させます。
いつ治るか分からない、治療できないつらさは本人の心にダメージを与えます。

そのため、現代医学においても治療から予防に軸足が移りつつあります。
高齢化社会と高齢化労働の観点からも「予防」は重要です。
そこで東洋医学の出番ですが、東洋医学には「未病」という病気になる前の状態を指す言葉とそれを治す
「治未病」という言葉があり東洋医学の得意分野です。
 
西洋医学と東洋医学を使い分け融合させ、生活習慣の改善、未病の段階で治療することで「身体が資本」の
心身の健康を手に入れて自身の人生を豊かにすることができます。