忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


パソコン病・五十肩の専門家「治し家かどちん」

治し家の院長:角谷 敏宜先生

31年間の治療の集大成として「かどや式パソコン病療法」「かどや式五十肩療法」を治し家にて実施している先生です。延べ人数で7万人以上の患者を診てきた経験を生かして西荻窪・藤沢で多くの困った患者さんを治しています。

コリや痛み・身体のだるさの根本は「インナーマッスルと腱」が原因だった!肩こり・腰痛・膝痛・首痛・五十肩も治せます。

797b3fda.png

【角谷先生の経歴】
関西学院大学経済学部~早稲田鍼灸専門学校卒業
大学在学中に「東洋医学」を終生の仕事にすることを決意。治療は天職がモットー
30年間の修行・臨床経験により指圧・刺絡・鍼治療・漢方・温熱療法・気功・ヨガ等の東洋医学を統合した新たな治療法を確立。
東洋医学は自身が持つ自然治癒力・感性の力を活性化させることを重視し心身の不調全般に対処することができます。

【治療方法】
鍼治療・温熱療法・骨ぎわ指圧など複数の治療方法を患者の状態に合わせて活用することから、肩こり・腰痛・五十肩などあらゆる症状を対処できます。
角谷先生の鍼は、「コリを溶かす鍼」と呼ばれ鍼灸師の中でもなかなか真似のできない繊細な鍼です。
細く繊細な鍼を使うために痛みはあまりありません。

・ひびきと痛みの違い(鍼は痛くない)

通常のマッサージは身体の中でも大きな外側にある筋肉「アウターマッスル」中心の治療方法ですが、角谷先生の治療は筋肉の中でも内側にあり身体を支える筋肉「インナーマッスル」と腱に着目しており、マッサージや薬では治らないつらい症状全般を治療してもらえます。

なかでもパソコンの使うことにより生じる症状「パソコン病」・腱や関節に問題が生じる「五十肩」に関しては豊富な治療経験を持ち独自の手法でつらい症状を解消してもらえます。

私は約半年で、つらかったパソコン病の症状が治りその後も定期的にメンテナンスに通っています。

【治療院の紹介】

治し家「角谷先生の治療院はこちらからご覧ください。

治療風景
b0ae24d9.jpeg8867a4c3.jpeg 427689a3.jpeg