忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


原因不明の身体の不調=不定愁訴

ストレス社会の現代。
特に30代以降の方は、身体のどこかに不調を抱えているのではないでしょうか。
 
頭が痛い・眠れない・食欲がない・胃もたれ、症状は様々で、暮らしていけない・仕事ができない程ではなくても、これらの症状が続くと集中できない・疲れやすい・だるいなどと徐々に生活に支障をきたすことになります。
 
しかし。これらの症状で病院に行っても、血液検査・血圧・レントゲンでは明確な症状がでず、不定愁訴と診断されてしまいます。
 
ストレス・気のせい・仕事の疲れなどが原因と診断されて、具体的な症状の薬を渡されて(胃であれば胃薬)様子を見ましょうという結果に終わります。
自律神経失調症と診断されることもありますが、なかなか治らないのが現代医学の悩みです。
 
悪いときには、微熱が続く・めまいなどが生じて、慢性疲労症候群やうつ病などに発展してしまう場合があります。
 
この不定愁訴は、身体のSOSです。
 
ストレスや同じ姿勢を続けることによる筋肉や腱の疲労などにより身体がSOSを伝えてくれているのです。
これ以上、無理をするとあなたの身体は、ダメになりますよということを教えてくれていると思ってください。
 
同時に、他の人もつらいのに、私だけがつらいと言っていてはいけない。
頑張らなければ・・・と身体に鞭を打つのが一番いけません。
 
まずは、身体に無理をかけているから、何か問題が起きているということを認めてあげてください。
そして、心身の力を抜きましょう。
もし、自分が、100%の力を出しているなら10%だけペースダウンしましょう。
 
できれば、自然溢れる野山や温泉などでのんびりしてください。
2泊か3泊して自然と土地に触れてみましょう。
 
それで症状が改善すれば一番です。
身体が無理をしていることを認めるだけで、かなり違ってくると思います。
 
それでも治らない場合は、一度、お近くの鍼灸院に行ってみてください。
具体的な身体の異常、胃潰瘍・心臓や肺の問題は、内科や外科に行くのが良いのですが、身体の漠然とした不調や疲労は、東洋医学系の鍼灸の方が治ります。
 
昔の日本人は、身体が疲れると温泉や鍼灸で治してきました。
現代人も昔に習って、身体が訴える不調を無視せず、大切に労わりましょう。