忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


五十肩の低年齢化と治療について

五十肩の症状
 
五十肩は、肩こりとは少し違った症状です。
40歳以降で症状が出ることが多いのですが、はっきりとした原因は分かっていません。
 五十肩になると肩周囲が痛み、腕全体が上に上がらなくなってしまいます。
動かない場合や動かす激痛が走る場合があり、ひどい場合にはスポーツなどの運動はおろか日常生活にも支障をきたす場合があります。
 
痛みが生じる時期を過ぎると、(半年~一年程度)痛みが軽減して可動域が元通りに広がる場合もあります。
五十肩の説明
 
五十肩は明確な原因がないことから、病院での治療に限界があり東洋医学的治療である鍼灸や整体での治療が主体です。
 
近年では、パソコンやデスクワークの利用が増えたことにより五十代どころか四十代や三十代でも五十肩の症状が出ることがあります。
 
五十肩の主な特徴

・肩を動かすと痛い
・肩が上がらない
・50代過ぎに発症することが多い
 
五十肩の3つの時期
1.急性期と炎症期 :痛みが最も激しい時期
2.慢性期 :動かさなければ肩の痛みがない時期
3.回復期:腕の動きは悪いが痛みがない時期
 
五十肩治療の「治し家」
五十肩治療の専門家「治し家」角谷先生によると五十肩の原因は、腕の奥のインナーマッスルにあるとの事です。
肩甲骨から腕にかけての関節は、複数の筋肉と腱が重なりあっていることおり、パソコンや携帯電話の操作が増えた近年では、五十肩の低年齢化が進んでいるということです。

パソコンや携帯電話の使いすぎ
パソコンや携帯電話の操作は、小さな細かい動きの繰り返しであるため肩甲骨の周囲にある腕から肩にかけてのインナーマッスルに疲労が蓄積して五十肩になりやすくなります。
パソコンの使い過ぎ=パソコン病