忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


パソコンの使い過ぎにより現れるつらい症状

パソコン病やVDT症候群
 
パソコンを使いすぎると、身体的・精神的につらい症状が現れます。
パソコン登場初期には、電磁波の影響で病気になるという話で騒がれていましたが、【同じ姿勢を取り続けている】【同じ筋肉を使い続けている】【ディスプレイ画面を見続ける】という3つの点の方が大きいでしょう。
 
たとえば、田植えを手で行っている姿を思い起こしてください。
私も実際には小学校の実習で行った程度ですが、下記の写真をご覧になると同じ姿勢取り続けていることが分かると思います。この作業を長時間続けると腰やら腕やらに負荷がかかってきます。
【田植え作業】
be719623.jpg
 
パソコンも同じです。田植えに比べると中腰と座っているという違いがありますが、同じ姿勢を続けているという点は共通項です。

厚生労働省では、VDTを使った長時間の作業により身体に出る症状をVDT症候群として、VDT作業における指針を定めています。
(VDT:Visual Display Terminal:パソコンを構成するディスプレイ等表示機器のこと)
厚生労働省のガイドライン

厚生労働省調査によるとVDT作業で生じた症状は以下のとおりです。
・VDT作業で労働者が訴えた身体的な疲労や症状(複数回答)
目の疲れ・痛み・・・・・・・・90.8%
首、肩のこり・痛み・・・・・・74.8%
腰の疲れ・痛み・・・・・・・・26.9%
頭痛・・・・・・・・・・・・・23.3%
背中の疲れ・痛み・・・・・・22.9%
腕・手・指の疲れ・痛み・・17.4%
足の疲れ・痛み・・・・・・・・8.3%
その他・・・・・・・・・・・・1.7%
厚生労働省の調査(2008年)

目の疲れや痛みパソコンを長時間利用している方はみなさん感じている事でしょう。
また、それ以外にもつらい症状がたくさんあります。

VDT症候群は、表示機器の問題、つまり目や姿勢の問題を中心に扱っていますが、パソコン病の方では、目や姿勢はもちろん、キーボードやマウスを打つことによるマウスのコリや首~肩~背中~腰にかけてのコリについても着目しています。

現代社会で今までパソコンを使いながら仕事をしていた人に、パソコンを使わずに仕事をしろというのも酷な話です。また、これらの症状は、明らかな病気でないことから病院でも効果的な治療がないのが実情です。
 
しかし、あまり怖がりすぎる必要はありません。私が通っている治療院でも治らなかったつらさが治ったという声をたくさん聴くことができました。

対処方法が分かればこのつらいVDT症候群・パソコン病も治療することができます。
1.姿勢を正す
2.適度に休憩する
3.治療を行う
パソコン病との出会いについてはこちら

パソコンの利用からくる目の疲れ・肩こり・腰痛等を治してバリバリ頑張れる身体に戻しましょう!